より良いものを引き出す工夫
スマートフォン

 賃貸住宅は、オーナーさんにとってみれば、日々の生活の収入源です。
空き室を減らすのは、切実な問題です。
 譲れない条件とは逆に、自分はあまり気にしないという部分があれば、実際に店舗に足を運び担当者に伝えてみましょう。
一般的にはネックになる条件が気にならないならば、交渉次第で割安に契約できる可能性もあります。
 広さが優先で築年数は気にしないのか、新しければ駅から離れていても大丈夫なのか、これまでの住まいを思い出しながら優先順位をつけていきます。
不動産業者の担当者も、まさか若い夫婦が築30年でも気にならないとは思わず、高齢者向けにしまってあるかもしれません。
 また、気に入った情報サイトや不動産業者が出てくると、そこに偏りがちです。
あまり合わないと感じたサイトでも、定期的にあえて見てみることで、新たな情報に出会うことがあります。
 賃貸住宅探しは、その時々の運も関係します。
チャンスは、広く求めることで可能性が広がります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930